2008年04月27日

菜種梅雨のころに

こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。すると人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女(イシャ)と名づけよう。これは男(イシュ)から取られたのだから。」 それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。

聖書:創世記2章22節〜23節
Cassette Tape 「波のかなたに Version 1993」より(2分14秒)
作詞・作曲:Eiji Mandai
Artist:Eiji Mandai with Ganbaru Band

人は自然と 誰かを愛するようになる
いつか出会うその人は
神様の与えてくださる 大切な あなたの助け手
どうか心を開くのに 臆病にならないで  
あなたが 大切なその方と 愛を育むことができますように
神様が 二人を守ってくださいますように
 

タグ:ゴスペル
posted by Grace at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。